善玉菌の効果

善玉菌は名前の通り体に良い効果のあるものですし、悪玉菌は体にあまり良くない効果もあります。腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しており、調子によってその数が変動します。悪玉菌は脂質やたんぱく質の多い食事をしたり、便秘やストレス、不規則な生活をすると増えていき、悪玉菌が増えていけば善玉菌が減少していきます。そこで、善玉菌を増やすためにオリゴ糖を摂取したり発酵食品を食べたりをすることができます。

善玉菌を増やすことは腸の運動を活発にして便秘を解消することができたり、免疫力を高めて感染症の感染を防ぐ効果があります。また、最近注目されているのががんの抑制の効果です。腸内の悪玉菌が増えることで免疫力が落ちることで発がん物質に対する抵抗力が落ちていきますが、善玉菌が増えていけば免疫力が向上するだけでなく酢酸や乳酸とともに生成される酪酸ががんの発生を抑制する効果もあります。

他にも、コレステロールを抑える効果があります。悪玉コレステロールが過剰に増えてしまうと私たちの体は心筋梗塞や脳梗塞が起きやすくなる動脈硬化の原因となります。善玉菌は便と一緒にコレステロールを排出する効果があり、体内にコレステロールが蓄積するのを防いでくれます。