便秘と善玉菌

近年、食生活が洋風化したことや交通手段の発達による運動不足、ストレス社会、様々なことが原因となって便秘で悩んでいる人が増えています。現代病のひとつと言われるくらい便秘で悩んでいる人はいて、2人に1人は便秘だと言われていますし、最近では子供でも便秘で悩んでいることがあると言われています。このように便秘になる原因には生活習慣の乱れや食生活の乱れ、ストレスといったことも関わっており原因も様々です。

個人差があるものの、私たちの体の中に摂取した食べ物は消化吸収を終えて、24時間で排出されるとされており1日に一度排便がされるのが正しいとされています。3日以上排便がなかったり排便は毎日あるのにお腹に便が残っているような感覚があれば便秘であるとされています。このようなお腹の状態の悪さと深い関係があるのが腸内環境であり、腸内環境の良し悪しを決めるのが善玉菌の量です。

野菜が不足したり油っぽい食事をしたりといった食生活が偏ってしまうと善玉菌が減ってしまい悪玉菌が多くなる傾向にあります。悪玉菌が増えることで腸の働きが鈍って便秘が起こる原因となります。便秘が続けば腸内に食べ物が残ってしまい肌が荒れたり栄養の吸収が不十分になってしまって栄養不足が起こったり、様々な病気を起こす原因になります。

そこで、ここでは便秘を解消するために善玉菌を増やす方法や善玉菌が増えることで起こる良い効果、そして最近話題のオリゴ糖と善玉菌の関係について紹介をしていきます。