善玉菌を増やす食事

腸内環境を整えるためには悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが重要です。善玉菌を増やすためには善玉菌が多い食事をすることがまず重要です。ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を摂取することで善玉菌は増やすことができます。ヨーグルトや乳酸菌飲料は日々の暮らしに簡単に取り入れられるので便利です。

他にも、食事の中で発酵食品を摂取する機会を増やすことも効果的で、ぬか漬けやキムチといった漬物類は食事の中で追加して食べれば良いので手軽に取り入れられますし継続して摂取がしやすいです。ただし、塩分がありますから摂取しすぎは体内の水分を排出してしまい便秘になりやすいですし、塩分の取りすぎは病気になる原因となりますから適量を意識すべきです。

同じく腸内にある善玉菌を栄養を与えてさらに増やしていくことも善玉菌を増やすことに効果的です。野菜や果物、豆類に含まれているオリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌を増やすことに効果的です。そのため、オリゴ糖が最近注目されており、日頃の食事の中でオリゴ糖を日頃の食事で砂糖の代わりに用いて摂取をしたり、オリゴ糖を含んだヨーグルトや食品を食べることも効果的です。この時、オリゴ糖は一種類のものでなく複数種類のオリゴ糖が含まれているものを選ぶ方が効果が出やすいです。