善玉菌の効果

善玉菌は名前の通り体に良い効果のあるものですし、悪玉菌は体にあまり良くない効果もあります。腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しており、調子によってその数が変動します。悪玉菌は脂質やたんぱく質の多い食事をしたり、便秘やストレス、不規則な生活をすると増えていき、悪玉菌が増えていけば善玉菌が減少していきます。そこで、善玉菌を増やすためにオリゴ糖を摂取したり発酵食品を食べたりをすることができます。

善玉菌を増やすことは腸の運動を活発にして便秘を解消することができたり、免疫力を高めて感染症の感染を防ぐ効果があります。また、最近注目されているのががんの抑制の効果です。腸内の悪玉菌が増えることで免疫力が落ちることで発がん物質に対する抵抗力が落ちていきますが、善玉菌が増えていけば免疫力が向上するだけでなく酢酸や乳酸とともに生成される酪酸ががんの発生を抑制する効果もあります。

他にも、コレステロールを抑える効果があります。悪玉コレステロールが過剰に増えてしまうと私たちの体は心筋梗塞や脳梗塞が起きやすくなる動脈硬化の原因となります。善玉菌は便と一緒にコレステロールを排出する効果があり、体内にコレステロールが蓄積するのを防いでくれます。

善玉菌を増やす食事

腸内環境を整えるためには悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが重要です。善玉菌を増やすためには善玉菌が多い食事をすることがまず重要です。ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を摂取することで善玉菌は増やすことができます。ヨーグルトや乳酸菌飲料は日々の暮らしに簡単に取り入れられるので便利です。

他にも、食事の中で発酵食品を摂取する機会を増やすことも効果的で、ぬか漬けやキムチといった漬物類は食事の中で追加して食べれば良いので手軽に取り入れられますし継続して摂取がしやすいです。ただし、塩分がありますから摂取しすぎは体内の水分を排出してしまい便秘になりやすいですし、塩分の取りすぎは病気になる原因となりますから適量を意識すべきです。

同じく腸内にある善玉菌を栄養を与えてさらに増やしていくことも善玉菌を増やすことに効果的です。野菜や果物、豆類に含まれているオリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌を増やすことに効果的です。そのため、オリゴ糖が最近注目されており、日頃の食事の中でオリゴ糖を日頃の食事で砂糖の代わりに用いて摂取をしたり、オリゴ糖を含んだヨーグルトや食品を食べることも効果的です。この時、オリゴ糖は一種類のものでなく複数種類のオリゴ糖が含まれているものを選ぶ方が効果が出やすいです。

便秘と善玉菌

近年、食生活が洋風化したことや交通手段の発達による運動不足、ストレス社会、様々なことが原因となって便秘で悩んでいる人が増えています。現代病のひとつと言われるくらい便秘で悩んでいる人はいて、2人に1人は便秘だと言われていますし、最近では子供でも便秘で悩んでいることがあると言われています。このように便秘になる原因には生活習慣の乱れや食生活の乱れ、ストレスといったことも関わっており原因も様々です。

個人差があるものの、私たちの体の中に摂取した食べ物は消化吸収を終えて、24時間で排出されるとされており1日に一度排便がされるのが正しいとされています。3日以上排便がなかったり排便は毎日あるのにお腹に便が残っているような感覚があれば便秘であるとされています。このようなお腹の状態の悪さと深い関係があるのが腸内環境であり、腸内環境の良し悪しを決めるのが善玉菌の量です。

野菜が不足したり油っぽい食事をしたりといった食生活が偏ってしまうと善玉菌が減ってしまい悪玉菌が多くなる傾向にあります。悪玉菌が増えることで腸の働きが鈍って便秘が起こる原因となります。便秘が続けば腸内に食べ物が残ってしまい肌が荒れたり栄養の吸収が不十分になってしまって栄養不足が起こったり、様々な病気を起こす原因になります。

そこで、ここでは便秘を解消するために善玉菌を増やす方法や善玉菌が増えることで起こる良い効果、そして最近話題のオリゴ糖と善玉菌の関係について紹介をしていきます。